Résonances

東京大学大学院総合文化研究科フランス語系
オンラインジャーナル

佐藤 園子
SATO Sonoko
所属
国際基督教大学キリスト教と文化研究所研究員、獨協大学非常勤講師、東京大学教養学部フランス語・イタリア語部会事務補佐員
留学・在学研究歴
言語情報科学専攻(2013-2020年)、ボルドー・モンテーニュ大学(2013-2020年)
主な業績
L’absence et la communication dans l’œuvre de Jules Supervielle (Thèse de doctorat soutenue à l’Université Bordeaux Montaigne le 16 décembre 2019, - p. 340.) / « La poétique de la suture : le pèlerinage de Jules Supervielle dans les Pyrénées » (Les écrivains en Aquitaine, Actes du congrès de Périgueux, 10 et 11 septembre 2016, « Bulletin de la Société Historique et Archéologique du Périgord » – Tome CXLIVAnnée 2017, Périgueux, juin 2017, p. 479-487.) /「南米あるいは夢の出発点―ジュール・シュペルヴィエル『船着き場』から『パンパの男』へ―」(東京大学大学院総合文化研究科フランス語系学生論文集『Résonances』、第9号、2015年、42-49頁)
関心領域と研究課題
フランス近現代詩、ジュール・シュペルヴィエル研究

レゾナンスでの執筆論文一覧